【ハイステータス】医師と結婚するための近道とは?

「お医者さんと結婚したい」

そう思ったことはありませんか?
収入も安定して高く、自分や家族が病気になったときも安心です。どこで医師や歯科医と出会えると思いますか?

やみくもに動いても、ハイステータスである医者とは簡単には出会えませんし、ましてや結婚はなんて夢のまた夢です。

どこで出会えるのか、医者と結婚するための近道をご紹介します。

具体的には
・医者と結婚する人はどんな人?
・医者と結婚するメリット・デメリットは。
・医者と出会える結婚相談所とは?

を紹介していきます。

将来、医師と結婚したい人は絶対に役に立つので最後まで読んで欲しい記事です。
最後の医師と出会える結婚相談所は必見ですよ。

医者と結婚した人はどんな人?

看護師

医者と結婚している人はどんな人でしょうか。

例えば
・医師が結婚したいと思っているタイミングで出会った人。
・医師と出会える環境にいる人。
・医師と同じ病院に勤務している人。

上記のような人は医師と結婚できる人です。

病院勤務の仕事に転職することは難しいですが、「医師が結婚したいと思っているタイミングで出会った人」「医師と出会える環境にいる人」になることは可能です。

ここでは、医師が結婚するタイミングと医者の結婚相手ランキングについて説明します。

医師が結婚するタイミングは

医師になる人は高校・大学と勉強に励み、医師になるべく頑張ってきた人たちです。

勉強も遊びも両立できる人もいるかもしれませんが、大抵の人は異性との交流や交際が希薄な人が多く、なかなか出会いもありません。

比較的自由な時間ができるのは、研修医が終わったころです。研修医が終わるころに付き合った人と20代前後で結婚、というケースが多くみられます。

婚期を逃してしまうと、医師である上司から無理やり親族・知人を紹介されるなんていうケースもありますが、うまくいかなかった場合の病院内での人間関係を考えるとそれよりも早くに結婚しておきたいですよね。

勉強熱心で婚期を逃してしまいそうなお医者さんがねらい目ですね。

医者の結婚相手ランキング

医者の結婚相手というとどのような職業の人が多いのでしょうか。
総務省などによるエビデンスのある統計データはなかったのですが、医師が多く在籍している誠心(結婚相談所)の会員の職業や、ネットでの情報を加味すると

1位 看護師・薬剤師

2位 女医(医師、歯科医師)

3位 一般職(医療事務を含む)


4位 技術者(レントゲン技師・理学療法士・作業療法士含む)


5位 教師・保育士・幼稚園の先生


6位 家事手伝い(上司の娘など)

などですが、医師と結婚している方の職業です。

一般職は医療事務、技術者はレントゲン技師や理学療法士など、病院に深く関係のある職業を含んでいます。ランキングを見てもらえれば分かる通り、医者の結婚相手はほぼ病院内での社内恋愛ですね。

ただ、結婚相談所に入会している医師や歯科医師は社内恋愛ではなく、他の職業の方との出会いを求めていることが多いです。

医者と結婚出来る確率とは

聴診器

では、病院に勤めていない一般的な女性が医者と結婚できる確率はどれくらいでしょうか。

明確に調べることはできないのですが、参考までに単純に計算すると

日本の男性人口 62,110,764人
日本の男性医師の人数が247,701人

247,701÷62,110,764=0.39%

256人に1人という計算になります。

人口で割っただけで、この確率なので
この確率からさらに医者と出会い、結婚と考えるとかなり少なくなりますよね・・・

あなたの職業が病院勤務でないのなら、プライベートな医師と普段通りの生活をしていて出会って、その医師が独身で結婚願望があって、付き合って、結婚できる可能性なんて限りなくゼロに近いということがわかったでしょう。

でも、本当に医師と結婚することが幸せなことなのでしょうか。

医者と結婚するメリット・デメリット

なんとなくのイメージで「医者=ハイステータス」だから結婚したいという人が多いかもしれません。はたして、そのイメージは正しいのでしょうか。

具体的に、医師と結婚するとなるとどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

結婚を決めてから思っていたのと違ったなんてことのないよう整理しておきましょう。

医者と結婚するメリット

医師と結婚するメリットは
・ハイステータスな暮らしができる。
・お金に困ることがない。
・社会的地位が高い。
・周りの人から尊敬される職業。
・自分や家族が病気になったときに安心感がある。

などが理由としてあげられます。

夫が医師だというと社会的信用も上がりますし、周りの人から頼りにされることもあるでしょう。

暮らしに困ることもなく、結婚後は専業主婦でも生活に困らないこともメリットです。

医者と結婚するデメリット

・研修医のころだと給料はそれほど高くない。
・病院によっては転勤がある。
・多忙で育児や家事を手伝ってくれない可能性も。
・夜勤があるシフトもあって生活が不規則。

医師には勤務医と開業医がいます。勤務医は病院に雇われている立場の医師で、開業医は独立して自分の病院を持っている医師です。

この2つは同じ医師ですが、勤務状況や給料が異なります。

転勤や夜勤・遠方での研修や研究会があるのも大きな病院に勤務している勤務医だけです。夜勤があると、浮気の心配は増えます。帰ってこなくても「夜勤だった」「急患が入ったから」と言われてしまうと、なにも言えなくなってしまいます。

開業医になると、夜勤はない場合がほとんどですし、勤務医に比べると多忙でないケースもあります。

開業医と勤務医の平均年収

開業医と勤務医で勤務状況や給料が異なるとご紹介しましたが実際のところどれくらいの差があるのか見てみましょう。

~勤務医~
30歳平均年収:895万
35歳平均年収:1,755万

~公認会計士~
30代:1,433万


勤務医は開業医に比べて給与が低いですが、30歳の時点で約900万近く収入があります。普通の会社員と比べてもかなり経済的には余裕があります。

開業医はさらに差が開きますので、医者は改めて年収が高い職業と言えるでしょう。

さらに公認会計士などの士業も比較的高い年収層となります。

医者は婚活が大変?

赤い糸

医師になるためには、高校時代から大学の医学部または、医大受験で忙しく、その後も医師国家試験を受けなくてはいけません。

医師国家試験に合格した後も、過酷な研修医時代があるので、一人前になるまで婚活出来る余裕がありません。

研修医の朝は早く、先輩医師について病棟回診をし、その後、カンファレンスや、カルテの記入、外来を頼まれたり、急患や夜勤の対応など、自宅に帰る暇すらありません。

それほど忙しく病院の外に出ることもないので出会いもなく、ましてやデートをする暇なんてありません。
やっと時間ができるようになったことには、20代後半を過ぎていることでしょう。

医者と出会える結婚相談所

それだけ忙しい医師ですから、女性慣れしていない人も多いです。

出会いさえあれば結婚できる可能性は一気に上がります。
実は会員の約49%が医師という結婚相談所があるんです。

【誠心】という結婚相談所をご存知でしょうか。

結婚に前向きの医師がたくさん登録していて、医師以外にもハイステータスな人ばかりが登録している結婚相談所です。入会時には収入や職業を証明する書面や独身証明書の提示など厳しい審査があります。

結婚相談所に行くなんて大袈裟だと思うかもしれませんが、それくらいしなくては独身医師と出会うチャンスなんてあまりないことです。

医師の会員の多い結婚相談所に入会することでこの記事最初に紹介した「医師が結婚したいと思っているタイミングで出会った人」になることができるのです。

医師と結婚したいと思っている人はぜひ資料請求・無料カウンセリングの申し込みをおすすめします。

誠心の資料請求はこちら

ハイステータス医者
最新情報をチェックしよう!