社長と結婚?玉の輿を実現するための方法

「社長や経営者と結婚したい!」と思っていませんか?
平成 30 年度分「会社標本調査」によると日本には273万8,549もの会社があります。各社に社長は1人いると考えると273万人の社長がいます。そう思うと社長との結婚も夢ではないですよね。

社長というと、少し曖昧ですが、高給取りで玉の輿のイメージがある社長夫人。セレブな生活が送れそうで憧れるという人も多いのでは?

しかし実際、社長の奥さんってどんな人が多いのだろう?
どうしたら社長と出会うことができるのだろう?
社長の奥さんだから必要なスキルはあるのだろうか?

などという疑問をお持ちではありませんか?

じつは効率的に社長と出会う方法とや社長に選ばれる女性には特徴があるんです。
具体的には

  • 社長(経営者)の特徴
  • ここが注意!社長(経営者)と結婚はどうなる?
  • 社長と結婚するリスク
  • 社長との結婚がうまくいく妻の性格
  • 社長と結婚する方法

という順番でご紹介していきます。

社長や経営者と結婚したいけど、どのような一歩を踏み出せばいいという方におすすめの記事です。ぜひ、まずはご一読ください。

社長(経営者)の特徴

  • 社長の給料はピンからキリまで
  • 会社の大きさ、従業員の数もバラバラ
  • リスクを恐れず行動力がある人
  • フットワークが軽い
  • 1日中仕事の事を考えているワーカホリック
  • 成功者は運がいい
  • 人を見る目がある
  • 仕事中心の人生観
  • プライドが高い人が多い

経営者といっても、親から会社を引き継いだ人や自分で起業した人、会社の規模によってもさまざまです。しかし基本的に仕事が好きで仕事に熱中できる人が多いのが特徴です。

努力を惜しまず、運に恵まれていると感じるときもあるでしょう。恋愛をそっちのけで仕事に没頭しているあまり、婚期を逃していまうというケースも。

顔も良いし、収入も高いのになぜか独身という人の中には仕事人間で恋愛まで気が回らない人も多いでしょう。

プライドが高く、他人の意見に耳を貸さない人も多いですが、そういう面も含めてうまくコントロールできる人が社長や経営者に選ばれる女性ですよ。

社長の年収はどのくらい?

年収

社長の年収はピンキリです。会社の規模によっても大きく変わります。

労務行政研究所によると、2019年役員報酬・賞与は社長の年収は4511万円、従業員身分の執行役員の年収は1511万円となっています。ざっと、社員の平均年収の10倍程度だといわれています。

しかし、零細企業の社長となると、従業員とあまり変わらない給料しかないという企業や、社長は売り上げに応じた給料になるため毎月差が激しいなんていうところもあります。

給料がいいという理由だけで社長を選ぶと「こんなはずじゃなかったのに」となりかねません。

社長(経営者)と結婚するメリット

婚活では公務員など、リスクの少ない安定した職業の人が人気です。しかし、社長・経営者も婚活相手に希望する職業です。彼氏や夫が会社経営者だというとやっぱり格好いいですよね。

実際、社長や会社経営者のような仕事は結婚相手としてはどうでしょうか。

メリットとデメリットをまとめました。

メリット

  • 高収入
  • 社長夫人になれる
  • 社会的ステータスが高い
  • 尊敬できる人と家族になれる
  • 経営を間近で見ることができる
  • 経営者特有のリーダーシップ

社長と結婚するメリットは高収入、ステータス、社長特有のリーダーシップです。

やはり社長は尊敬できる格好の良さがありますよね。しかも、会社が軌道に乗れば自由になるお金もグッと増えます。

会社によっては妻が会社役員になるなんてことも。

リスク

  • 倒産するリスクがある
  • お金に使い方に理解できないことがある
  • 家族がお金持ちで価値観が合わない
  • ほかの社長夫人との付き合いがある

会社を経営している、軌道にのっている、といっても倒産するリスクは避けられません。

ほかにも社長は一般人には理解できないような豪快なお金の使い方をする人もいます。接待という名目で1番に何十万も使うことも。

また、そもそも産まれた時から社長の息子である場合だと、金銭感覚が一般人とは合わないこともあります。小さいころからの贅沢がやめられないなど、会社が傾き始めても浪費をやめられないというリスクも考えられます。

同じように他の社長夫人との付き合いでも金銭感覚の違いに戸惑うこともあるかもしれません。周りの人の意見も聞きながらうまく付き合っていくようにしなければなりません

ここが注意!社長(経営者)と結婚はどうなる?

結婚

社長と結婚するということは直接経営に携わるわけではありませんが、社長の判断に従業員とその家族の人生も左右されるということが理解できていなくてはなりません。

自分の人生は会社の経営状態に大きく影響されます。経営者が選ぶ女性とはどういう人なのでしょうか。

経営者が選ぶ女性とは

  • かまってちゃんではない
  • 相手の仕事を理解できる
  • いつでも明るい
  • 一緒にいて癒される
  • パーティーに連れて歩ける見た目

経営者が選ぶ女性は決して仕事の邪魔にならず、仕事をがんばる自分のモチベーションを上げてくれるような女性です。

パーティーに連れて歩くなど、一緒に遊ぶ相手であれば見た目の美しい女性が好かれるところもありますが、最終的には見や目だけでなく自立した考えの女性が選ばれます。

仕事のインスパイアを受けるような刺激的な女性もいいですね。婚活に励みながらも並行して自分磨きに勤しみましょう。

社長との結婚がうまくいく妻の性格

  • 自分時間を楽しめる
  • 自立心がある
  • 相手の意見を尊重する
  • 柔軟な考えが出来る
  • 相手の仕事に理解がある
  • お金の管理がしっかりできる
  • 間違っていることは間違っていると言える

社長と結婚すると、今までの人生ががらりと変わります。社長が悩んでいるときや苦しい判断を強いられるときはその力になれるような女性が長くうまくいきます。

会社はいつもいいときばかりとは限りません。もし、うまくいかない時期が来てもその時は妻である女性が力になってあげることでまた仕事が上手く回り始めるかもしれません。

「会社に何かあったら私が当面の間、働いて食べさせてあげる」くらいの器量のいい女性だと、会社も家庭もうまくいきそうです。

社長と結婚したい女性にはこのような強く芯のある女性でいてほしいものです。

社長と結婚する方法

忙しく仕事熱心な社長と出会う方法は以下の3つです。

  • 勉強会やセミナー
  • マッチングアプリ
  • 結婚相談所

しかし、勉強会やセミナーでは勉強熱心な社長は勉強会では出会いを求めていないので知り合うことはできてもお付き合いまで発展するケースはあまりありません。

マッチングアプリでは「自称・社長」はたくさんいますが本当に社長なのか、はなはだ疑問です。社長であることを証明することが難しく、本当の社長に出会うまでにいろんな人とメッセージのやり取りをすることになります。かなりの時間と労力がかかるのでお勧めできません。

一番確実に結婚願望のある社長に会えるのは結婚相談所です。結婚相談所であれば、正真正銘の社長と出会えますし、年収証明書も提出しているので会社の規模も一目瞭然です。もちろん、嘘をつくこともできません。

結婚相談所にもたくさんの種類がありますが社長と出会いたいのであれば「誠心」がおすすめです。誠心はハイステイタスの会員さん限定で高収入の社長がたくさん在籍しています。

特に多いのが医者です。開業医であれば経営者となるので、結婚すれば憧れの社長夫人となります。

誠心

医師・歯科医はほぼ半数を占めている誠心ですが、医師も開業していれば経営者であり社長です。誠心はとにかくハイクラスな層が多く、男女とも親や兄弟などが医師や経営者だという家系の方が多いのが特徴となっています。

誠心の強みとは

  • 理想の人が見つかりやすいエグゼクティブな会員層
  • ワンランク上のコンサルシステム
  • 担当専任制で会員をしっかりサポート
  • 自分自身でもお相手を見つけてアプローチできる
  • パーティやオンラインお見合いなど会う方法の多様化

入会するためには独身証明書や収入証明書・職業証明書など、必要な提出書類があるので、業者やサクラもいません。

婚活に前向きな会員ばかりなので、いい人が見つかれば成婚までは短期間、あっという間に入籍が決まったなんていうカップルも多いのです。

専任のアドバイザーさんとしっかり向き合ってワンランク上の婚活を成功させましょう。
目指せ社長夫人です。

関連記事

婚活を行ううえで結婚相談所は欠かせないものです。しかし結婚相談所といっても各社によって特徴や会員属性も異なるので、自分にあった結婚相談所を見つける必要があります。 例えば、なるべく結婚相談所スタッフにサポートしてもらいたいのに安さを重視した[…]

外観写真
社長
最新情報をチェックしよう!