婚活を成功させるためにはタイミング選びが大切

仕事やプライベートなどで日常的に異性と会う人であれば、割と簡単に結婚相手を見つけることが出来るかもしれません。

逆に異性と出会う機会がほとんどない方が結婚を希望する場合は、自分から積極的に婚活をする必要があります。基本的に婚活は希望すればいつでも開始することができますが、自分に合う結婚相手を見つけるためには適切なタイミングを選ぶことが大切です。

自分と相性の良い結婚相手と出会うことは、就職活動と似ています。卒業を控えた学生が就職活動を開始するのに適切な時期が決まっているのと同じように、婚活の場合も開始するタイミングが非常に重要といえます。

婚活はいつから開始するのがベストなタイミング?

花束を受け取る女性

婚活を開始するベストなタイミングとは、自分が結婚をしたいと希望した時です。

人間は自分が興味・関心を持つ物事に対して積極的に行動するという習性があり、やりたいと願う事であれば力を入れて取り組みます。

例えば自分がやりたいと思う仕事であれば、ベストを尽くして取り組むので最高の結果を出すことができるでしょう。逆に自分がやりたくないと感じるような仕事は十分な能力を発揮することができず、中途半端な結果しか出すことができません。

学校の受験対策の場合でも、その学校に入学したいという強い意志がなければ勉強に集中することができないでしょう。これは結婚についても同じで、自分に合う相手を見つけるためには積極的に活動をすることが大切です。 婚活を成功させるためには、積極的に自分をアピールしたり、相手について強い関心を持つことが求められます。

初対面の異性の相手に積極的にアプローチをするためには、精神的・肉体的に多くのエネルギーを費やすことになります。自分に合った結婚相手を見つけ出すためには力を尽くして積極的に取り組むことができる状態で臨む必要があるため、結婚をしたいと強く願う時がベストといえます。

女性が婚活を始めるのにベストな年齢(タイミング)は?

ベストタイミング

婚活を開始するタイミングは、結婚を予定している年齢を考慮することが大切です。

結婚適齢期は人によって違いがあり、自分のライフスタイルや価値観に合わせて見極める必要があります。収入を安定させたいと考えている男性であれば、仕事が軌道に乗る30代以降が結婚適齢期なのかもしれません。

子供を作りたいと願う女性であれば、妊娠や子育てを考えた上で結婚の予定を立てる必要があるでしょう。 一般的に男女ともに歳をとると婚活の難易度が高くなりますが、女性の場合は男性よりも年齢による影響が大きいので注意が必要です。ちなみに女性が婚活市場で需要が一番高くなる年代は20代後半なので、このタイミングを狙って20代半ばまでに交際などの活動を始めるようにすれば成功率が高くなるでしょう。

結婚願望が強かったり早く仕事を辞めて子育てがしたいと願う女性であれば、20代前半の早いうちに婚活を開始すると良いでしょう。交際期間なども逆算しましょう。

結婚願望が強くない女性でも、20代後半になって友人の結婚式に呼ばれるなどして結婚を意識し始める人もいます。

30歳までに結婚をしたいと願う女性であれば、26~27歳くらいまでに活動を開始する必要があるでしょう。20代の若い間は仕事や遊びに集中して、30代になって結婚をしたいと考える女性もいます。

30歳に婚活を開始してすぐに結婚する予定の女性であれば、事前に準備期間を設けておく方法があります。

婚活開始のタイミングが遅れてしまう理由と対策

婚活開始時期

結婚を希望している独身の男女でも、婚活を開始することができずに何年も経ってしまうといったケースが少なくありません。

一般社会において、期日が定められている物事がたくさんあります。例えば、学校の入学試験や会社の新卒社員の応募時期などであれば、応募や試験の日程が事前に決められています。

そのため、受験希望者は決められた日程に合わせて準備を開始することができます。

これに対して、婚活サイトや結婚相談所などのサービスには特定の期日が定められているわけではありません。結婚を希望する本人がその気になれば、いつでも活動を開始することができます。 見切り発車でも良いのです。

結婚には定められた期日や年齢が存在しないので、自分でタイミングを決めてから婚活を開始しなければなりません。

ところが残念なことに、現代人の多くは締切日などのように特定の期日が定められている出来事・イベントに慣れてしまっています。

結婚をお考えの方であれば、自分の置かれた状況を考慮した上で婚活を始めるタイミングを決めることが大切です。

結婚を希望しているのに行動を起こすことができずにいる場合は、自分で特定の期日(締切)を定めておくこともひとつの方法です。

タイミングを遅らせるべきではない理由とは

婚活の開始

精神的な面以外にも、結婚をしたいと思った時に早めに婚活を始めるべき理由があります。

婚活は就職面接とよく似ていて、限られたお見合いタイムに自分の良い点を簡潔に相手にアピールしなければなりません。

これに加えて、自分からも積極的に質問をするなどして相手のことをよく知る必要があります。 自分自身のことをアピールしたり相手を深く知るためには、コミュニケーション技術が求められます。

ほとんどの方は最初のお見合いで緊張してしまい、十分に会話をすることができません。何度も失敗を繰り返すうちにコミュニケーション技術が身につき、本腰を入れて結婚相手を選ぶことができるようになるでしょう

結婚をするためには自分が相手に選ばれるように努力をすることも大切で、基本的な礼儀作法やファッションセンスを磨くことなども必要です。

初対面の異性と会話をしたり自分を魅力的に見せるようにするためには、ある程度の時間をかけてコミュニケーションやその他の技術・知識を習得する必要があります。

ある決まった年齢までに結婚をしたいと願う場合は、自分磨きのために必要な期間を考慮に入れた上で婚活を開始するようにしましょう。

婚活をスタートしてもすぐに結婚相手を見つけられるわけではないので、活動を開始するタイミングを遅らせるべきではありません。

結婚相手を選ぶために有利な時期とは

結婚をすると育ちや考え方が違う他人同士が家族になり、離婚をしない限りは生涯にわたり一緒に過ごすことになります。

もしも結婚相手との間に価値観や性格に大きな違いがあると、家庭内トラブルを抱えてしまうかもしれません。

結婚した後に相手に合わせてお互いに順応することも大切ですが、家庭内のトラブルを防ぐためには慎重に相手を選ぶ必要があります。

自分と相性の合うパートナーを見つけるためには、多くの人と出会うことが大切です。

選択肢が増えることには、自分にとってベターな相手を見つけるのに有利になるというメリットがあります。
婚活サービスを利用する際に多くの人と会うためには、他の人が活動を開始する時期を知っておく必要があります。婚活中の男女の人数は年間を通じて常に一定というわけではなく、時期によって大きな波があるからです。

大手結婚相談所が婚活を経験した人を対象に実施したアンケート調査によると、活動を開始した時期で一番多かったのは1月で全体の25%でした。

1月以外に2~4月の時期に活動を開始した人が多く、全体の約7割の人が5月頃までに婚活をスタートしています。

婚活サービス利用者が集中するのは1~5月の上半期で、下半期になると人数が減少します。このことから、自分に合ったパートナーを選ぶのに有利な時期は1~5月であるといえるでしょう。

最適なタイミング

理想のパートナーを見つけて結婚をするためには、男女ともに婚活を開始するのに最適なタイミングを見極めることが大切です。

婚活サイトに登録したり結婚相談所に入会しても、すぐに結婚ができるわけではありません。本格的にパートナー選びをする前に、コミュニケーション技術やマナーなどを身に付ける必要があるからです。

男女ともに、結婚に至るまでには一定の活動期間が必要であることを理解しておきましょう。女性は年齢によって婚活に大きな影響が出ることがあるので、社会人になったら早めに人生設計を立てて、計画的に活動を開始することが大切です。

婚活のタイミング
最新情報をチェックしよう!