婚活の知っておきたいテクニックとは

周りにいる人が、どんどんと結婚していくと、そろそろ自分もしないといけないという危機感を抱きますよね。

独身のままでいると周囲からの無言の圧力がかかりますし、今後の人生設計にも大きな影響がでてきます。

そういうときに始めるのが婚活です。

でも、婚活にはこれをしなければいけないというルールはありません。いろいろなやり方があるからこそ、上手くいくこともあれば、失敗することもあります。

失敗すれば結婚が遠のくだけでなく、やる気も削がれてしまいます。失敗から学ぶこともありますが、あまり悠長に取り組むのも良いことではありません。

ですから、ここでは婚活を成功させるためにも、知っておきたいテクニックを紹介していきます。

香りで心を惹きつけよう

香水

婚活で相手に求める条件に容姿と言う人もいますし、性格と言う人もいます。

また生活の安定を求めるならば、収入があればいいという人も少なくありません。性格は深く付き合わないとわからないものですが、容姿や収入はその場でわかります。

でもどちらも簡単に変えられるようなものではありません。そこで目に見えない形で気になる相手にアプローチする方法として、香りを使ってみましょう。

人間は異性の香りに性的興奮を感じますし、その働きを使えば、香りで気になる相手を刺激して惹きつける事が可能です。

ただ、異性の香りといっても、人間は自由自在に匂いをコントロールができません。ですから、婚活のテクニックとしてはフェロモン香水と呼ばれる商品を購入して、お見合いや街コンに臨みましょう。

ただし、つけ過ぎは逆効果なので使用する量を間違えてはいけません。ポイントは、ほのかだけどいい香りがすることがわかるくらいです。

うなじや手首の裏側など、体温が高くなるところにつけておけば、香りが拡散しやすいのでおすすめです。

あとハンカチやティッシュなどにも軽く吹き付けておくと、時間が経って香りが薄れてきたときにさり気なくうなじや手首の裏をこすれば、再び良い香りを漂わせる事が可能です。

これで長時間の婚活イベントでも、香りでアピールしやすいです。

口下手な人がデートで距離を縮めるテクニック

口下手な人

婚活で出会った相手と、より親しくなりたいならば距離を縮める必要があります。

でも急ぎすぎると、警戒されて、離れてしまいます。話が得意な人であれば、それでも上手く距離を縮めることがでしょうが、それは口下手な人には難しいです。

そこで口下手な人で上手く距離を縮められるテクニックは、最初は言葉を必要としない場所で会うことです。

たとえば、定番と言える映画館は一緒に過ごす時間ではありますが、鑑賞中はスクリーンを見ているだけで無言になります。終わった後の話も映画の内容について、思ったことを話し合えばいいだけなので言うべきことに困ることはありません。

それ以外にも水族館や動物園なども、目の前にあるものを見て「可愛い」とか「怖い」と言い合えばいいだけです。そういう何気ないことでも、数時間は経過します。

その後に軽くお茶を飲んだり食事をして別れたとしても、次に会う約束を取り付ければ大丈夫です。それを何回か繰り返していけば、次第に距離を縮められる雰囲気ができあがります。

そんなデートの約束をするときに注意したほうがいいのはあまり焦らないことです。頻繁に会えば距離が縮まりそうな気もしますが、短期間で何回も会えば新鮮さがなくなって刺激が薄れます。

最初の2~3回は数日おきにしておき、それ以降は10日から2週間くらい空ければ、相手に待ち遠しいと言う気持ちが生まれて、距離を縮めやすくなります。

婚活パーティーで好印象を与える会話

婚活パーティー

婚活パーティーに参加するとき、短い時間でお互いのことを知るためにはよく話すことが重要です。

でも、自分をアピールしようとするあまり、相手のことを考えない会話をしてしまえば印象が悪くなります。

婚活パーティーで失敗する人がよく陥るパターンとしては、盛り上げようとしすぎるあまり自分が話題を提供しなければいけないと思い込むことがあります。

次から次へと話題を投げかけ、相手が知らないことはすぐに切り替えてしまうと落ち着いて会話ができません。

自分から話題をふるときには、相手の知らないことでも選択肢を与えてどれを選ぶか聞いてみたり、簡単な説明をしてあげることでお互いに発言できるようになります。

また相手の話をよく聞くことも大切で、相手との共通点や違いを発見してみたり、質問をしていきましょう。聞き上手は好印象を与えやすいといいますが、それは無言で相手の話を聞くことではありません。相手の話を理解して、必要なときに相槌や質問をして会話を広げるきっかけを作れることです。

そのようにして会話を広げるときにもう一つ重要なのが、笑顔をつくることです。初対面の相手だと緊張をしてしまうのは仕方がありません。でもこわばった表情のままだと、「つまらないのかな」と思わせてしまいます。

常に笑顔がつくれたら好印象になることは間違いありません。

フットワークの軽さが婚活を成功に導く

フットワークの軽い女性

婚活はいつになったら終わりになるのかわからないので、精神的にも辛いものです。

高い理想を掲げてそれに一致する人が出てくるまで無駄なことをしたくないと言う人は、とくに婚活が長期化しやすいです。

婚活を早く終わらせるために重要なのは、条件ばかりを見るのではなくとにかく動いていろいろな人と出会ってみることです。

そうしてフットワークが軽くして出会いが増えれば、いくつか理想とする条件に合わない部分があっても、結婚したいと思える人が見つかります。

では、どうしたらフットワークが軽くなるのかというと、普段からよく動くことです。仕事以外で外出するのが婚活ぐらいとなれば、どうしても動きが悪くなります。でも趣味のサークルや地域のボランティアに参加するために、出かける機会が増えれば婚活のために外出することは負担にはなりません。

あと思考をポジティブに変えることも効果的です。日々の出来事で、出来なかったこと、嫌なことを考えるのはやめて、やったことや楽しかったことを常に考えていくようにしましょう。

ポジティブなものの考え方ができるようになれば、婚活で見知らぬ他人と出会うことも苦ではなくなり、フットワークが軽くなります。

関連記事

婚活の前に花嫁修業!以前は、“年頃の娘”が花嫁修業と称してお料理教室に通うなんてことが珍しくありませんでした。時代は変わり、花嫁修業という言葉はあまり聞かなくなりましたが、自分の趣味のため、料理教室や語学学校、資格のための学校に通うダブル[…]

婚活では同時進行も珍しくない

カップル

恋愛なら、同時進行つまり二股、三股というのはとても嫌われる行為です。

でも婚活の場合にはそういうことがよくあります。ただし、同時進行をするのはとりあえずお互いのことを理解し合う程度の段階です。

本格的に結婚を考え、婚約をするという段階で付き合うのは一人だけです。 婚活で同時進行をすることは、短期間で相手を見つけるためのテクニックですが、複数の異性から選ぶということに抵抗を感じる人も少なくないでしょう。

そういうときにどうやって気持ちを割り切るかというと、幸せな自分を想像することです。婚活は結婚をゴールとする活動であり、最終的に自分が幸せになることが全てです。

そういうときに手段を選んでいるといつまでも機会を逃します。それに相手だって、同時進行をしているかもしれませんし、これからすることだってありえます。

正式に付き合っていない段階であれば、どれだけの人と出会っていようと自由です。もし、それでも罪悪感を感じるようならば、相手に正直に同時進行をしていることを話しましょう。

相手の合意の上で出会いをするならば咎める人はだれもいません。 婚活の同時進行は時間の短縮ができるだけはありません。

いろいろな相手と結婚のために出会うことで、自分の魅力を引き出す方法も磨けます。効率的に婚活をしたいならば積極的にやっておくべきです。

婚活で役立つテクニックはいろいろあります。

まず香りを使えば気になる相手を興奮させて惹きつけられます。
口下手な人が距離と縮めるためには、会話をせずに過ごせる場所でデートをして、会う頻度も適度に空けます。
婚活パーティーでは印象を良くするために、相手に会話を投げかけるきっかけをつくったり、相手の話をよく聞き広げるテクニックが必要です。

そして、婚活をしていく中ではフットワークの軽さも重要です。普段から外出する用事を作ったり、ポジティブな思考を心がけます。

考えることが多いのですが、一生を左右する婚活なので本気で取り組みましょう!

婚活テクニック
最新情報をチェックしよう!