必見!結婚相談所の3つの種類とは

結婚相談所は大きく分けて3種類ある。それぞれの特徴とメリットやデメリットについてご紹介します。
これから婚活を始めようと考えている方がまず最初に気になるのは、結婚相談所が一体どういうところなのかという点です。
どんな人を紹介してくれるのか、入会金や利用料など料金はどのくらいかかるのか、相談所へ入会したら、本当に結婚できるのかなど、疑問点や不安な点がいろいろと湧いてきてなかなか結婚相談所の利用に踏み出せない方も多くいらっしゃいます。
今回は結婚相談所の特徴について、詳しく紹介していきます。

結婚相談所の特徴についてご紹介

結婚相談所の特徴は、各店舗に相談員が在籍していることです。
多くの人たちを幸せな成婚へと導いてきた婚活のプロフェッショナルに会って、直接アドバイスを受けることができるのです。
ネット婚活の場合には、対面ではなくて、チャットやメールなどインターネット上でのやり取りとなってしまいますので、お互いの顔が見えにくいため、相談しにくいこともあるかもしれません。
より丁寧なサポートや具体的なアドバイスを求めている方は、ネット婚活よりも結婚相談所を選んだほうが良いでしょう。

結婚相談所はどんな種類があるのか?

結婚相談所といってもさまざまな種類があり、サービスの内容、料金、成婚率なども異なっています。
入会してから、こんなはずではなかったとならないためにも、登録する前によくリサーチをしておくことが大切です。
大まかに分けると3つの種類があります。
全国各地にさまざまなスタイルの結婚相談所がありますが、大まかに分けると、コンサル型、結婚情型報、ネット婚活型の3つの種類があります。
以下、それぞれの特徴についてご紹介いたしますので、自分に合ったところを選ぶようしたほうが良いでしょう。

コンサルティング型について

コンサルティング型の相談所は、店内に仲人のような役割を担当してくれる相談員が常駐しています。
相談員と会員が一緒なって、希望の結婚相手を見つけていくスタイルとなっているのが特徴です。
相談所に登録している方のプロフィールや写真をチェックして、見た目や条件など好みの相手が見つかったら、お見合いのセッティングをしてもらうという流れになっています。
コンサルティング型の結婚相談所として有名なのは、パートナーエージェントやIBJメンバーズなどです。

コンサルティング型のメリットとデメリット

コンサルティング型の良いところは、相談員がいるので、気軽に相談できる点です。
お見合い時の注意点など、婚活を成功するための具体的なアドバイスも受けられるので、安心感が得られやすいのもコンサルティング型のメリットといえます。
反対に、コンサルティング型のデメリットは、相談員との相性の問題があるという点です。
また、気に入った相手が見つかっても、相手が応じてくれないと会うことができないため、お見合いに至るまでに時間がかかってしまうというデメリットもあります。

コンサルティング型の料金の目安について

コンサルティング型の料金は、相談所によって異なりますが、全体的に高めとなっています。
たとえば、パートナーエージェントの場合には、最上位のプレミアムプランを選ぶと初期費用だけでも28万円がかかります。
そのほかに、月額の料金、登録料、成婚料なども、それぞれ数万円ずつ必要となります。
このように、コンサルティング型は、トータルで数十万円くらいの費用がかかってしまう場合がほとんどです。
また、コンサルティング型場合には、入会期間によっても料金が異なってきます。
入会期間が長くなればなるほど、料金も高くなりやすいという傾向もあるのです。
高いサポートが得られる代わりに、料金は高くなってしまうということを頭に入れておいたほうが良いでしょう。

Twitterには、コンサルティング型の相談所に関して、以下のような口コミもありますので、参考にしてみてください。

結婚情報型について

結婚相談情報型の相談所は、サービス型、データマッチング型などとも呼ばれています。
有名な相談所としては、オーネット、ノッツェ、ツヴァイ、そしてサンマリエなどがあります。
これらの結婚相談情報型の相談所は、コンピューター上で入会者の情報を制御しているので、パソコンを使って自宅にいながら結婚相手を探すことができるのが特徴です。
近年は、スマートフォンからも、相手探しができるようになってきており、利用者が増えてきているといわれています。

結婚情型報型のメリットとデメリットについて

結婚情型報型のメリットは、膨大な量の会員登録者の中から、自分に合った人を探せる点です。
特に、オーネットやノッツェなどのような大手の会社は会員数も圧倒的に多いので、登録しておくことで、理想の相手に出会える率がより高くなるというメリットがあります。
わざわざ店舗に行く必要がなく、パソコンやスマートフォンを使っていつでもどこでも婚活ができるので、仕事が忙しい方でも利用しやすい点もメリットです。
反対に、結婚情型報型のデメリットは、相談員がいない場合もある点です。
コンサルティング型の相談所のようにプロによる丁寧なアドバイスが受けられない場合もあるので、婚活初心者にとっては、心細いと感じてしまうことあるかもしれません。

結婚情報型の料金の目安

結婚情報型の場合には、コンサルティング型の相談所のように、成婚料が発生しないので、料金は比較的お手頃となっています。
たとえば、オーネットの場合には、プレミアムプランの入会金が3万円、活動初期費用が7万円くらい、月会費が1万円くらいとなっています。
成婚料に関しては0円です。
ただ、結婚情報型の相談所の中にも、成婚料がかかるところもあるので、入会前によく調べておくようにしてください。
Twitterには、結婚情報型の相談所に関する以下のような口コミもありますので、参考にしてみてください。

ネット婚活型について

ネット婚活型は、インターネット上で婚活ができるのが特徴です。
先に述べた結婚情報型と同じように、パソコンやスマートフォンを使って相手を探すことができますが、独身証明書や収入証明書などの提出が求められないため、誰でも気軽に利用しやすいという特徴があります。
ネット婚活型として有名な相談所としては、Pairsエンゲージやスマリッジなどがあります。

ネット婚活型のメリットとデメリット

ネット婚活型のメリットは、コンサルティング型や結婚情報型のように身分証明書を提出しなくても利用できる点です。
とりあえず、婚活を始めてみたいという方にとっては、とてもお手軽な方法といえます。
そのようなお手軽さがネット婚活型のデメリットにもなっています。
証明書なしで、誰でも利用できてしまうため、どんな人が登録しているかわからないという不安があります。
中には、本気で結婚を考えている人だけでなく、出会い系サイト感覚で利用している人もいるので、注意が必要です。

ネット婚活型の料金の目安

ネット婚活型は、コンサルティング型や結婚情報型と比較すると、非常に安い料金となっています。
たとえば、Pairsエンゲージの1ヶ月プランの場合には、入会費と月会費がそれぞれ9,800円です。
6ヶ月プランの場合には入会金はかかりません。
このように、ネット婚活型は料金が圧倒的に安いのが魅力です。

Twitterには、ネット婚活型相談所に関する以下のような口コミもありますので、参考にしてみてください。

まとめ

以上、コンサルティング型、結婚情報型、ネット婚活型のそれぞれの特徴やメリットデメリットについてご紹介いたしました。
結婚相談所はいくつかの種類があり、特徴や料金も異なりますので、利用する際には自分に合ったところを選ぶようにしたほうが良いでしょう。
婚活を始めたばかりで、それぞれ一長一短でなかなか決められないという方は、口コミや会員数、1年間総額での安さなどを総合的に見て、オーネットをおすすめします。

最新情報をチェックしよう!