真剣交際っていつから?結婚相談所で交際中の彼女とのキス

結婚相談所で素敵な相手と巡り会うことができれば、適切な順序で関係を深めていくことで、婚活を成功させることができます。交際するまでの期間やキスをしても良いタイミングを知っていないと、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性があるので注意が必要です。

結婚相談所を利用して婚活を成功させたいのであれば、どのくらいの期間で交際することができるのか、交際前にキスをしても良いのかということを知っておくようにしてください。

なかなかアプローチをしなかったり、反対にアプローチが早すぎると成婚できない可能性があるので注意しておきましょう。

仮交際と真剣交際とは

交際中のカップル
仮交際とは結婚相談所特有の言葉で、普通に恋愛から結婚を目指している人には馴染みがない言葉でしょう。

仮交際とは簡単にいうと、しっかりとした付き合いの前のお試し期間を指しています。仮交際は誰か一人に絞る必要もなく、複数人とのお試しを行うことができるので本気で婚活している人ならではの仕組みです。

お見合い(その他出会い)→仮交際→本交際(真剣交際)→成婚 が結婚相談所の流れです。

一方的な仮交際や相手に断りもいれずでの仮交際に関してはトラブルや混乱を招くのでゼッタイにNGです。

真剣交際前にキスをすることはNG

真剣交際前のカップル

真剣なお付き合いに発展してからであれば、スキンシップをとっても問題ありません。手を繋いだりキスをしたりして恋人らしく過ごすほうが、結婚前にお互いのことをもっと知ることができるはずです。

ですが、仮交際期間中にキスをすることは御法度だと言えます。この期間中は真剣にお付き合いしたい相手を探す期間なので、過度なスキンシップやキスを行うべきではありません。

お酒に酔ってしまって、雰囲気に流されてしまってキスをする人もいるかもしれませんが、相手からの信用を失いかねない行為であることを理解しておく必要があります。

まだ正式にお付き合いしていない相手とキスをすることになるわけですから、不誠実な人だと思われてもおかしくないです。また、キスをすることによって真剣交際に発展したと勘違いさせる可能性があります。

スキンシップをとったりキスをしたりしたいと考えるのであれば、きちんとした告白を行って真剣なお付き合いを開始させるようにしてください。

結婚相談所の規約などで、真剣なお付き合いの前にキスすることが禁止されていなかったとしても、婚活を成功させるためには仮交際中に過度な身体接触を控えるべきです。

キスは恋人になって相手の心の準備ができてから

恋人になってキスをする
結婚相談所で知り合った相手とは、数回の食事やお茶を経て交際へと発展することがほとんどです。
キスをしたい相手があらわれた場合でも、まだ真剣なお付き合いに進展していないのであれば、キスをするべきではありません。

仮に恋人になることができたとしても、相手の心の準備ができたことを確認してからスキンシップをとるべきだと言えます。

結婚相談所を利用する人には、結婚までスピーディーに進めたいと考える人が多いですが、焦ってしまうと相手の気持ちが追いつかず破局に繋がってしまう恐れがあるでしょう。

恋人同士になれば問題ないことではありますが、先走りすぎると結婚まで至らない可能性があるので注意が必要です。

また、お付き合いが開始する前であれば、良い雰囲気であったとしてもキスをすることによって次回から誘いを断られてしまうかもしれません。結婚相談所のお見合いによって出会った相手と関係を深めたいと考えるのであれば、真剣にお付き合いを始めてからにしましょう。

食事などに行って相性を確かめている期間にキスや激しいスキンシップをするべきではなく、これらは婚活の失敗を招く原因となるので、絶対にしないことが大切です。

スキンシップ男女共に個人差がある部分です。だからこそ相手のことをよく考えて判断していきましょう。

仮交際期間は3か月~6か月が多い

仮交際期間
お見合いをして気になる相手であれば仮交際をすることになりますが、ほとんどの人は3か月~6か月ほど仮交際を行います。

何度か一緒に出掛けることによって相手との相性を確かめ、良いと思えば告白をして真剣なお付き合いへと関係を進め、そうでなければ他の相手を探すことになるでしょう。

並行して複数人と会うことがほとんどですが、結婚相談所を利用する人はお見合いを初めて行ってから遅くても6か月ほどで仮交際が終了する人がほとんどであることを知っておくと良いです。

お見合いから仮交際までは恋人のようなお付き合いをするのではなく、あくまでも結婚を前提とした相手を見つけるまでの時間だと理解しておくことが大切です。

仮交際をお付き合いだと勘違いしてしまうと、不適切な距離感でアプローチを行ってしまい、その人との関係が悪くなってしまう可能性があります。

お見合いから3か月~6か月ほどは将来を共にするパートナーを見つけるまでの期間だと理解し、自分に合った相手をじっくりと探すことができるようにしておくと良いでしょう。

ただし、ひとりの人とデートを行う回数は3回前後が推奨されており、約3回のデートで次のステップに進むかどうか決めなければ相手からお付き合いする気がないと判断される可能性があるので注意が必要です。

ずるずると仮交際期間を続けても進展はないので、しっかり期限を決めて前に進みましょう。

仮交際後は真剣交際は3か月ほど続く

仮交際から真剣交際に発展することができたのであれば、ここから3か月ほど恋人としてお付き合いをしていくことになります。

期間に個人差はありますが、真剣交際開始から3か月ほど経過してプロポーズや婚約に発展することがほとんどです。この期間になりますと、一般的な恋人のようにお付き合いをしているわけですから、キスなどを行っても良いと言えます。

仮交際中は食事やお茶に行ったり、遊びに行ったりするだけですが、真剣交際になれば恋人らしく手を繋いだりキスをしたり、お互いの家に行ったりしても問題ないでしょう。

結婚相談所で出会った相手との関係をどのように深めていけば良いか分からず、なかなかスキンシップをとることができない人も多いです。しかしながら、真剣なお付き合いをスタートしているのであれば、相手の気持ちを確かめながらスキンシップをとるようにしても問題ないと言えます。(もちろん同意が必要)

仮交際が開始してから3か月ほどの間にスキンシップやプロポーズの気配が全くなければ、相手から結婚は考えられないと思われる可能性があるので注意が必要です

結婚相談所を利用している人の中にはスピーディーに結婚まで進みたいと考えている人も多いので、真剣交際に発展したのであればスキンシップや結婚の話が重要になってくることを理解しておきましょう。

さいごに

結婚相談所のお見合いで出会った相手と交際するまでに、多くの人は3か月~6か月ほどの期間を要しています。その間にひとりの人とは約3回ほどデートを行い、相性が良いと感じた人と正式なお付き合いに発展することが可能です。

素敵な人に出会うとスキンシップをとったりキスしたりしたいと感じるかもしれませんが、真剣なお付き合いがスタートするまでは行うべきではありません。

遊びだと思われてしまう可能性もあるので、正式な恋人になるまではキスをしないようにするべきです。恋人になるまでの期間やキスをしても良いかどうかを知り、婚活を成功させましょう。

結婚相談所で交際中の相手とのキス
最新情報をチェックしよう!