結婚相談所で起こりやすいトラブルと対策方法

普段の生活で異性と出会う機会が少ない方が婚活をするために、結婚相談所のサービスを利用する方法があります。

プロに指導してもらいながら自分を上手にアピールしたり、相性の良い異性を紹介してもらうことで結婚につなげることができるというメリットがあります。

結婚相談所のサービスには多くのメリットがありますが、男女関係や会社のサービスに関係するトラブルに巻き込まれてしまうというデメリットも存在します。

これから婚活をする予定がある方であれば、結婚相談所で起こりやすいトラブルの内容と回避するための対策方法を知っておくことが大切です。

結婚相談所の質や対応に関する苦情

苦情

結婚相談所で一番多いトラブルは、会社のサービス内容に関する内容です。入会前に聞いていた内容と、実際のサービス内容が違うという苦情が少なくありません。

例えば、入会前に「ちょうどあなたにぴったりの人がいるので紹介したい」とか「あなたならすぐに良いお相手が見つかる」と言われたものの、入会金と会費を支払っているのに成婚せずに放置された、という内容です。

他にも、基本料金以外に高額のオプションに加入させられた、相手の紹介人数が少ない、という苦情も多く見られます。

結婚相談所の中には会員を増やす目的で誇大広告をしたり、スタッフの人数が不足していることが原因で紹介やサポートが追い付かないような会社があります。

サービス内容に関するトラブルを回避するためには、結婚相談所に入会する前に会社の実績や評判をきちんと調べておく必要があります。会社の宣伝文句だけでなく、口コミサイトなどを参考にすることができるでしょう。

高額な費用を支払って会社のサービスを利用することになるので、利用者(消費者)の側でもきちんと調査をすることが求められます。

入会後にサポートの質が低かったり最初に説明されていた内容とは明らかに違う点があるという理由で入会金や会費の返金を求める場合は、契約書の書面を提示して具体的に説明をするようにしましょう。

事前にしっかり調べないと怖いね。

婚前交渉は禁止!

婚前交渉は基本的に禁止とされております。場合によっては婚前交渉は結婚相談所の規約違反に該当することもあります。

そもそも、婚前交渉とはなんでしょうか。簡単にいうと結婚相談所で出会った異性とのスキンシップ等を指しています。

・キス
・性行為
・宿泊を伴うデート等

上記はあくまで成婚を目的とした結婚相談所で出会う異性の場合のルールとして覚えておきましょう。万が一の婚前交渉はトラブルになりやすくせっかく良い感じに進んでいたのに破談になってしまう可能性もあります。

成婚料や中途解約金(違約金)が請求されるトラブル

違約金トラブル

結婚相談所に支払う料金には、入会金・会費・成婚料・オプション料などがあります。
いずれも数万円~数十万円と高額で、半年間にわたり入会して何人か紹介してもらうだけでも何十万円という費用がかかります。

結婚相談所でお金にまつわるトラブルの中には、高額な成婚料の支払いや中途解約金に関する苦情があります。

入会時に成婚料の半額分を支払えば結婚相手が見つかって退会する際に残りの分を支払わなくても良いと言われて支払ったのに、成婚が成立せずに退会したら成婚料の返金に応じてもらえなかった、というケースがあります。

成婚料とは、結婚が成功した時にだけ会社に支払う成功報酬です。相手が見つかっていなければ、会社は成功報酬を受け取ることができません。成婚していないのに成婚料の全額または一部を前払いすることはあり得ないので、このような会社は入会すべきではありません。

お金にまつわる別の問題として、相手が見つからなくて中途解約を申し出たら違約金が請求された、という事例があります。特定商取引法では消費者が中途解約が可能な6業種が定められており、結婚相談所もこれに含まれます。

このため、利用者が中途解約をする場合でも違約金を負担する義務はありません。解約時に違約金が請求されるような会社であれば、最初から利用しないようにしましょう。

入会する時はしっかり契約内容を確認しないといけないよ!

理想な相手が見つからなくて成婚が成立しない

理想相手

一般的に高額な商品やサービスでも、お金を支払えばモノやサービスを受け取ることができます。これに対してマッチング関係のサービスであれば、高額なお金を払っても必ず相手が見つかって成婚が成立するとは限りません。

人それぞれ好みや価値観に違いがあり、お互いに好きにならないと結婚に至らないからです。

良いスタッフが担当して多くの相手を紹介してもらったとしても、結婚相手が見つからないという人が少なからず存在します。

結婚相談所のサービス内容というは、入会金や会費を支払うことで婚活中の異性を紹介してもらうことです。

仮に高額な費用を支払ったとしても、自分が気に入った結婚相手を“購入”することはできないということを理解しておく必要があります。

結婚相談所に入会してお見合いパーティなどのイベントに参加したり多くの相手を紹介してもらえても、最終的に結婚を決めるのは結婚相談所のスタッフではなくて本人です。

自分が気に入るような相手を紹介してもらうためには、会員の人数が多い結婚相談所を選ぶことが大切です。規模の小さな会社だと会員の人数が少ないので、“運命の人”と出会える可能性が低くなってしまうからです。

大手の結婚相談所は会員数が多い所が大半です♪

お相手の写真やプロフィールの内容が違う

プロフィール写真

結婚相談所にまつわるトラブルの中には、紹介されたお相手の写真やプロフィール内容が違うというケースがあります。

結婚相談所に登録する写真や経歴などは事前にスタッフが確認するので、マッチングアプリのように虚偽の写真・プロフィールを登録することはできません。

マッチングアプリとかは虚偽の内容を登録している人が本当に多そう・・。

それでも写真の見た目が違うとか、年収やその他のプロフィール内容が違うということはあり得ます。

ほとんどの結婚相談所は入会時に未婚であることを証明する書類の提出を求められたり、運転免許証などの本人確認書類を提示する必要があります。

関連記事

みなさんこんにちは!婚活中、または結婚相談所に登録された方はお分かりだと思いますが、結婚相談所で婚活を行うには「独身証明書」という書類が必要なんです!「「独身証明書」って何!?」「独身であることを証明しないといけないの?」と思われる方もいら[…]

独身証明書を書いているアイキャッチ画像

入会時に本人確認が行われるので既婚者や別人が登録することはありませんが、年収・勤務先・趣味などについては厳密な確認作業ができません。写真についても、ヘアメイクや修正などで簡単にごまかすことができます。

結婚相談所で相手の方を紹介してもらう場合には、利用者の側がこれらの点を理解しておく必要があります。紹介して合えば本当の姿を見ることができるので、顔写真は参考程度にしましょう。

中には虚偽のプロフィールを登録する人もいるので、提示された情報を全て鵜呑みにせずに本人と会った際にきちんと確認をすることが大切です。

相手を紹介してもらえないケースとは

NGサイン
結婚相談所に入会すると、最初に写真撮影・プロフィール入力・カウンセリングなどが行われます。

れらの作業が済んだら正式に会員として登録され、希望する条件に近い相手の方を紹介してもらいながら婚活がスタートします。

結婚相談所にまつわるトラブルで、希望と異なる人しか紹介してもらえない、紹介してもらえる人数が少ない、などの苦情が少なくありません。

会員の人数が多い結婚相談所を選んだのに自分にあった人を紹介してもらえないようであれば、希望する条件のハードルが高すぎることが原因かもしれません。

結婚相談所に登録すると、自分の希望を細かく指定することが可能です。それでも、全ての項目で自分が求めている条件に完璧に合致する相手など存在しません。

結婚相手を見つけるためには、現実的に判断して妥協しなければならない点があるということを理解しておきましょう。いつまで経っても条件に合った相手の人を紹介してもらえないようであれば、希望条件設定に問題があるのかもしれません。

マッチングする相手を紹介してもらえない場合は、自分の価値観や考え方を見直してみることが大切です。絶対に妥協できない点だけをよく考えた上で、希望条件に設定するようにしましょう。

トラブルなく結婚できるまで

結婚相談所を利用する場合は高額な料金を支払う必要があるので、入会前に会社のサービス内容や評判をきちんと調べておくことが大切です。

高額な入会金・会費・成婚料にまつわる金銭トラブルに巻き込まれないようにするために、良心的で実績のある結婚相談所を選ぶようにしましょう。

結婚相談所に入会して高額な料金を支払ったとしても、確実に自分が求める全ての条件を満たすような結婚相手を見つけてもらえるという訳ではありません。

現実的に判断して、必要であれば妥協点を見つけてお付き合いをする相手を見つけるように努力することが大切です。

結婚相談所のトラブル
最新情報をチェックしよう!