結婚相談所を退会する理由とは?入会後のやめどき

結婚相談所を退会するのは、結婚が成立したときだけというイメージを持っている方も多くいます。もちろん結婚相手が見つかったことで退会する方もいる一方で、相手が決まっていない段階で辞めてしまう方も多くいます。

ここで問題になるのが、結婚相談所を退会する際はどのような理由があるのでしょうか。入会前に辞める理由を把握しておくことで、後悔しにくい結婚相談所を選ぶことにつながります。

支払った入会金などが無駄にならないようにするためにも、自分に合った環境を選びましょう。

相談所のやめどきはいつ?

結論からいうと、結婚相談所のやめどきは自分自身で諦めてしまった時です。
婚活といっても必ずうまくいくものでもなく、運やタイミングも重要なものです。

結婚相談所は基本的にいつでも、辞めることが出来ます。ただ注意しなくてはいけないのが期間で契約している(年間契約)場合には違約金がかかるということです。

入会時に自分がどのようなプランや料金体系で入会するのかは認識しておくべきです。また、結婚相談所では退会だけでなく、休会というものが存在し、一時的にお休みすることも可能なのです。基本的に休会中はお金はかかりません。(場所による)

やめどきだと感じたらまずは、その後の自分がどう動くのかを判断して決めていきましょう。

良い出会いに恵まれない

良い出会いに期待している女性

結婚相談所に登録すれば、次々と異性を紹介してもらえてお見合いができるというイメージを持っている方も多くいます。

しかし登録しても、毎週のようにお見合いが決まるとは限りません。

実際に登録した場合、紹介される異性は自分が希望する条件に合った方になります。ですが希望する異性側の条件が合わないと、なかなかお見合いにまで発展しないケースも見られます。

なかなかお見合いにまで発展しないことで、退会する方も多くいます。 そもそもお見合いの相手が見つかりやすいかという点は、入会する結婚相談所によっても異なります。

お見合い成立率が高いような環境なら、出会いに恵まれる可能性が高くなります。また結婚相談所の中には、入会前に希望条件を聞いたうえで会員の中に条件を満たす方がどのくらいいるのか教えてくれるケースも見られます。

そのような情報を参考に入会するところを選ぶのも1つの手です。 さらに結婚相談所での出会いの方法は、お見合いだけとは限りません。

お見合いの他、婚活パーティーや様々は形が今の婚活業界ではあります。入会する前にどのような出会いのチャンスがある相談所なのか調べて、自分に相性が良さそうな結婚相談所を選ぶことが大切です。

出来れば退会したくないし、入会前にはしっかり見極めなきゃね。

担当者との相性が悪い

結婚相談所を退会する理由の1つが、担当者と相性が悪いと感じることです。担当者と相性が悪かったり信用できなかったりすると、婚活を続ける気にならないという方も多くいます。

そこで結婚相談所の利用を考えるなら、どのような担当者なら安心して任せられるのか把握しておくことも大切です。 婚活中の会員にとって大切な点が、自分の立場を理解したうえでアドバイスをくれるのかという点です。

的外れなアドバイスばかりだと信用できないということもあるでしょう。また的確なアドバイスをもらうために、年齢が近い担当者を選ぶことも大切です。

特に10歳以上年齢が離れていると、結婚観の違いなどから担当者と相性が悪いと感じるケースも多く見られます。 担当者との相性が悪いというのは、結婚相談所を退会する理由の1つです。

しかし相性が悪いという理由で退会するのではなく、担当者のチェンジをお願いすることも可能です。自分の担当を変えてもらうことで、信用できる方がついてくれる可能性もあります

退会する前にチェンジが可能か確認しましょう。また入会前の面談などで担当者との相性を考慮しておくことで、より良い形でサポートしてくれそうな相手か見極めることができます。

 

思ったよりもお金がかかる

結婚相談所はお金がかかる
やはり多いのが、想定よりもお金がかかったという理由から、結婚相談所を退会するというケースです。

最初は入会金と月額料金だけで問題ないと思っていても、実際にはさまざまな追加料金が必要なために想定よりもお金がかかったと感じる場合があります。

追加料金の発生で高いと感じることがないように、結婚相談所に入会する前にお金の問題はしっかりと確認しておきましょう。

例えば月額料金のほかに、1回のお見合い成立ごとに料金が請求されることもあります。相手の検索で写真付きの場合は有料、また店舗に行かないと情報を検索できないようなところも存在しています。

しっかりと情報収集をすることで、料金に関するトラブルを防ぐことにつながります。 結婚相談所におけるお金の問題は、事前に確認することで防ぐことが可能です。

1つの相談所だけで考えるのではなく、ほかの相談所と比較して入会を検討するようにしましょう。入会金や月額料金が安い場合、追加料金の種類が多いというケースも見られます。

表面的な金額の安さだけで選ぶのではなく、必ず細かい点まで確認することが大切です。不安な点があれば、口コミを確認して利用者がお金の面で後悔していないか確認するのも1つの手です。

やっぱりお金の部分は考えちゃうよね。

紹介された相手との付き合いが終了した

交際相手と別れた女性
結婚相談所で紹介された相手と交際に発展したものの、別れたので結婚相談所も退会する人もいらっしゃいます。

ですが交際終了したからといって、結婚相談所自体を辞める必要はありません。今回が生涯のパートナーではなかったというだけで、次は良縁に恵まれる可能性もあります。

すぐに退会を決めるのではなく、次のチャンスを待つのも1つの手です。 また1つの別れをきっかけに、婚活自体を終了しようと考える方もいるでしょう。

よく考えて出した結論であれば、婚活を辞めるというのも1つの選択肢の1つです。

結婚にも向き不向きがあるからこそ、自分に向いていないと感じたら無理して婚活を続ける必要はありません。 納得したうえで婚活終了であれば、後悔する可能性は低くなります。

一方でもっと良い出会いがあったと思っている中での退会は、未練を残すことになります。未練が残りそうであれば、婚活の仕方を今までと変えるなどの工夫も必要です。

自分にできることを考えたうえで、どのような選択肢が適しているのか検討していくことが大切です。

サポート力No.1の結婚相談所

相談所以外で交際相手が見つかった

新しい出会い結婚相談所に入会したものの、プライベートで交際相手が見つかることも極稀にあります。

しかし結婚相談所以外で交際相手が見つかったからといって、すぐに退会を決断する必要はありません。

そもそも交際相手ができたとしても、その相手と結婚まで行かずに途中で別れてしまう可能性もあります。途中で別れてしまったら、再び婚活を始めるために新しく結婚相談所に入会することになります。

結婚相談所探しから始めるのは手間がかかる作業です。 交際相手がいる状況で、結婚相談所の月額料金を支払うのはもったいないと感じる方もいるでしょう。実際に交際相手ができたときには、結婚相談所の休会を検討するのも1つの手です。

一時的に休会することで、その間は月額料金も発生しません。ただし休会の仕組みは利用する結婚相談所によって異なるので、必ず確認しておきましょう。

プライベートで出会った相手と真剣に交際して結婚に進めそうな相手なら、休会を辞めて退会を検討することもできます。一方で別れてしまったという場合には、休会状態を解除して再び婚活をスタートさせることも可能です。状況に応じて対応できるように考えていきましょう。

結婚相談所を退会するのには、さまざまな理由が存在しています。ここでポイントになるのが、退会してしまう理由の中には結婚相談所選びで失敗していたというケースも見られます。

例えば料金の問題であれば、事前に情報収集を行うことで入会後の後悔を防ぐことが可能です。 婚活といっても、状況は人によって違いが存在しています。

自分に合った環境で婚活をするために、まずは相性の良い結婚相談所を選ぶところから始めましょう。相性の良い結婚相談所を選ぶことから、婚活を成功させるためのポイントの1つです。口コミなどで相談所の情報を集めることも大切です。

結婚相談所を退会する
最新情報をチェックしよう!