恋のパワースポットで恋愛成就!あの名作恋愛映画の舞台を巡る旅に出よう

映画のような恋がしたい!誰かに恋する気持ちや、トキメキ、切なさや悲しみ、胸の奥がキュンとなる感覚を思い出させてくれる恋愛映画は、婚活のモチベーションアップにも役立ちますよね。最近は、映画作品やドラマ、アニメのロケ地を巡る“聖地巡礼”も話題です。
「あそこで主人公がキスしたんだよね」
「ここでの出会いのシーンは印象的だったな」
映画の舞台となった場所は、単なる名所ではなく、恋愛のパワーが集まったパワースポットになっています。
今回は、一度は行ってみたい名作恋愛映画のロケ地をご紹介します。

恋愛映画のスタンダード!観光名所にもなっているあのスポット!

聖地巡礼の元祖?『ローマの休日』:イタリア・ローマ

聖地巡礼の元祖とも言われているのが、名女優オードリー・ヘプバーンが某国の王女を演じた『ローマの休日』。舞台となたローマでは、アン王女役のヘプバーンが巡った名所が世界的に有名になり、数々の恋愛の聖地を生み出しました。
「トレビの泉」や「真実の口」は、観光名所としていつもたくさんの人で賑わっています。
ヘプバーンがアイスクリームを食べる姿がキュートだったスペイン広場であの名シーンの再現を!としゃれ込みたいところですが、実はこの階段現在は飲食禁止!ということで、残念ながら映画のワンシーンを回想するだけにとどめるしかありません。
写真は、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂と秘密の通路で繋がっているなんて伝説もあるサンタンジェロ城。すぐ側を流れるテヴェレ川は、アン王女が鼻をつまんで飛び込んだ川です。

MOVIE DATA

公開年 1953年
スタッフ&キャスト
監督  ウィリアム・ワイラー
出演 オードリー・ヘップバーン/グレゴリー・ペックほか

フィレンッエの象徴・大聖堂(ドゥオモ)が印象的『冷静と情熱のあいだ』:イタリア・フィレンッツエ

イタリアの趣ある街並みを舞台にした日本の恋愛映画。江國香織×辻仁成が交互連載した小説をまとめた同名小説作品の映画化。物語に印象的に登場するサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオモ)は日本人観光客の人気の的に。
サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ジョットの鐘楼の三つの建築物で構成される大聖堂は、ルネサンス建築の代表格と言われています。
劇中の赤煉瓦が並ぶフィレンツェの街並みは、ルネッサンス時代から変わらないと思うと感慨もひとしおです。フィレンツェを象徴するサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の屋根、クーポラから一望する風景は圧巻です。

MOVIE DATA

公開年 2001年
スタッフ&キャスト
監督 中江功
出演 竹野内豊/ケリー・チャン/椎名桔平/ユースケ・サンタマリアほか

空想・妄想女子の初恋?『アメリ』:フランス・パリ

舞台は花の都パリ。アメリが話題にあった要因のひとつであるおしゃれ感は、パリの街並みも大きく影響しています。写真のモンマルトルの丘からの風景は有名ですよね。アメリが働いていたカフェ「Café des Deux Moulins(15 Rue Lepic, 75018)」はもちろん観光名所に。あのクレームリュレのキャラメリーゼ部分をサクサク÷シーンを真似した人も多いのでは?
一人遊びばかりしていたアメリが水切りをしていたサン・マルタン、ニコとの出会いの舞台、アベス駅など、聖地巡礼をすれば自然とパリ観光ができると評判です。

MOVIE DATA

公開年 2001年
スタッフ&キャスト
監督 ジャン=ピエール・ジュネ
出演 オドレイ・トトゥ/ジャメル・ドゥブーズ/マチュー・カソヴィッツほか

世界屈指の観光地で恋する!『それでも恋するバルセロナ』:スペイン・バルセロナ

二人のアメリカ人女性、そしてスペイン人の画家と彼の元妻四角関係の恋愛を描くロマンチック・コメディー『それでも恋するバルセロナ』。舞台はもちろんバルセロナ。増えすぎた観光客をセーブするなんて話もあるほどの一大観光地となったバルセロナは見所一杯。映画にはガウディのサグラダ・ファミリア、ミロ博物館、ラスランブラス通り、グエル公園など主要観光地が登場します。美しい街並みを旅すれば、気分はスカーレット・ヨハンソン。劇中ではアメリカからの旅行者だったので、なりきって旅行すれば、思わぬ出会いがあるかも?

MOVIE DATA

公開年 2008年
スタッフ&キャスト
監督 ウディ・アレン
出演 スカーレット・ヨハンソンほか



一度は旅したい憧れの街、スポット

世界一高価な交差点?五番街の価値を上げた『ティファニーで朝食を』:アメリカ・ニューヨーク

世界最高級のショッピング街のひとつ、ニューヨーク五番街と言えば、『ティファニーで朝食を』。ティファニー本店前の交差点は映画史に残る有名ロケスポットです。プラザホテル、アッパーイーストサイドのアパートやニューヨーク市立図書館など、その後の名作映画のロケ地としても使われた名所がたくさん。ニューヨークでは、徒歩圏内で恋愛名作映画ロケ地巡りができるからすごいですよね。

MOVIE DATA

公開年 1958年
スタッフ&キャスト
監督 ブレイク・エドワーズ
出演 オードリー・ヘプバーン/ジョージ・ペパード/パトリシア・ニールほか

王道シンデレラストリー『プリティ・ウーマン』:アメリカ・ロサンゼルス

現代の(と言ってもずいぶん時間が経ちもはや古典の部類ですが)シンデレラストリーと言えば、リチャード・ギアの渋さとジュリア・ロバーツのプリティさが炸裂したプリティウーマン。誰もが憧れる玉の輿?お姫様気分を味合わせてくれるハッピーな映画です。あのテーマソングが流れるとテンション上がるという人も多いのでは?その後の映画やドラマに大きな影響を与えた「ブランドショップで着る服を買いそろえる」という演出の舞台となったビバリーヒルズのロデオドライブは、アメリカを代表する高級ブティック街でもあります。

MOVIE DATA

公開年 1990年
スタッフ&キャスト
監督ゲイリー・マーシャル
出演者 リチャード・ギア
ジュリア・ロバーツ

ロンドンのかわいい街並みが話題に『ノッティングヒルの恋人』:イギリス・ロンドン


ロンドンそぞろ歩きの前に観ておきたい
ノッティングヒル(Notting Hill)はロンドン西部の高級住宅街。近くに観光客で賑わうポートベロー(Poltbello)の蚤の市があるため、にぎやかな一画です。このポートベロー・マーケットの端にあるのが主人公ウィリアムの本屋。実際には「Gong」という店ですが、外観はそのままです。そこからさらに道を北へ進むと、右手に「The TRAVEL BOOKS Co.」のモデルとなった「THE TRAVELSHOP」があります。通りをさらに進んでウエストボーン・パーク通り(Westbourne Park Rd.)との交差点に、彼がベラにジュースをかけてしまったカフェ「Cafe Republic」が。そのはす向かいにはウィリアムスの家があります(ドアは青から黒になっています)。このほかランズドン通り(Landsdowne Rd.)にはマックスとベラの家も実在します。探してみるのも面白いでしょう。地下鉄ノッティング・ヒル・ゲート駅(Notting Hill Gate Station)から変える前に、ノッティング・ヒルの通りを散策してみましょう。そこにはウィリアムスが映画を観に行った「コロネット・シネマ(Coronet cinema)」があります。

MOVIE DATA

公開年 1999年
スタッフ&キャスト
監督 ロジャー・ミッチェル
出演 ジュリア・ロバーツ/ヒュー・グラント/ジーナ・マッキーほか

石油王との出会い?気分はキャリー『セックス・アンド・ザ・シティ2[ザ・ムービー]』:アラブ首長国連邦・アブダビ

セックス・アンド・ザ・シティの映画第二作目の舞台となったのは、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ。でも実は映画のロケが行われたのは、モロッコだったというのはファンには有名な話。はじめはアラブ首長国連邦のドバイが舞台の予定でしたが、撮影許可申請が却下されたのだとか。続いて候補になったアブダビも現地での撮影は不可。それでモロッコでの撮影となったとのこと。劇中ではアブダビのゴージャス感が前面に出ているので、SATCマニアはこちらに足を運んでいるようです。SATCとは関係なく、ラグジュアリーな旅行をするならここ!とセレブのみならず旅行者にも人気のアブダビで、夢のひとときを。

MOVIE DATA

公開年 2010年
スタッフ&キャスト
監督 マイケル・パトリック・キング
出演 サラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラル他

人生の小休止をする女子続出?『食べて、祈って、恋をして』:インドネシア・バリ島

「キャリアも恋も手に入れた女の自分探し」というずいぶん贅沢な設定ながら、世界中の女性に共感を与えた『食べて、祈って、恋をして』。ジュリア・ロバーツが訪れるロケ地はバリ島。日本でもリゾート地として有名なバリの、アジアンテイストに憧れる女子も多いのでは?
メインロケ地のウブトは観光スポットに。椰子の木が生い茂るモンキーフォレスト、活気溢れるウブドパサールをめぐるパックツアーも大人気になっています。

MOVIE DATA

公開年 2010年
スタッフ&キャスト
監督 ライアン・マーフィー
出演 ジュリア・ロバーツ/ジェームズ・フランコ/ハビエル・バルデムほか

亜紀が行きたいと願った世界の中心『世界の中心で、愛をさけぶ』:オーストラリア・ウルル

日本ではエアーズロックとして知られるオーストラリアのウルルが印象的な『セカチュー』の映画版。映像作品もたくさんありますが、こちらは、朔太郎を大沢たかお(森山未來)、廣瀬亜紀を長澤まさみが演じたバージョンと言えば覚えている人もいるでしょう。
原住民、アボリジニがウルルと呼んだ巨大岩は、世界で2番目に大きい一枚岩とされていて、1987年にユネスコの世界遺産に登録されています。現地では神聖な場所でパワースポットとしても有名。訪れる際はルールとマナーと節度守りましょう。

MOVIE DATA

公開年 2004年
スタッフ&キャスト
監督 行定勲
出演 大沢たかお/柴咲コウ/森山未來/長澤まさみほか