連絡先交換率高し!大人気の共同体験型婚活パーティーで「本当の自分」をアピールする

婚活パーティー行ってますか?
「たしかに人はたくさんいるけど、イチから話して短時間で次につなげるのは無理」
「メリーゴーランド、いやジェットコースター並みのスピードで回転していく人のことを知るなんて不可能」
そんな悩みを持ちのあなたにオススメしたいのが、出会いから“次”につながる確率が飛躍的に高まるという『共同体験型婚活パーティー』です。
参加者を共通の趣味を持つ人同士に絞ったイベント型の婚活も人気ですが、共同体験型婚活パーティーは、さらに「そこでの体験」を重視したイベントです。

100人いても誰も印象に残らない回転式の婚活パーティーでは得られない“共感”を武器に、少数精鋭で成婚率を上げている共同体験型婚活パーティーをご紹介しましょう。

時代は体験型!人気を集めるアクティビティ婚活

結婚相手を探すパーティー、「婚活パーティー」は、もはや婚活の定番になりました。参加する人が増え、選択肢が増えたのは良いことなのですが、一度に大勢の人と話す大規模な婚活は、「じっくり話せない」「時間が短すぎて結局、外見で人気が決まる」と不満を持つ人も。

そこで登場したのが、参加者を共通の趣味を持つ人に絞ったイベント型婚活パーティー。

以前の記事、ブームが落ち着いたいまがチャンス!ジェネコン、山コン、宙コン?“あえて”行きたい“進化形”街コンとは?の中では、共通の趣味で盛り上がれることに加えて、“素の自分”が出やすいので、その後の発展性も高いといわれる、進化系の「趣味コン」もご紹介しましたよね。

共通の話題で盛り上がれると分かっていれば、街コンに行ってみるのもいいかも!と思った人も多いのではないでしょうか?



イベント型婚活パーティーは、すでに「共通の趣味」がある男女が出会うので、話の取っかかりに困ることはなく、そもそも「同じことに興味がある」という共通点を持っている強みがあります。

人間は「自分と同じことに興味を持っている人」に好意を持つ傾向にあると言いますから、共通の趣味があれば、お付き合いした後、結婚した後にも「この人とならうまくやって行けそう」と思える確率が高いのです。
さまざまな形に発展している婚活パーティーの中で特に人気を集めているのが、共同体験型の婚活パーティーです。

パーティーと言っても、ホテルの会場を貸し切ってオードブルをつまみながらと言ったパーティーとはひと味違います。
料理をしたり、ゴルフをしたり、陶芸をしたり、共通の趣味を一緒に体験するのがポイント。旅行や音楽フェス、ランニングイベントなど各種イベントでも体験型のアクティビティが増えていますが、これに婚活をくっつけたのが共同体験型婚活パーティーなのです。

どんな共同体験型婚活パーティーがあるのか?実際に行われているパーティーの一例を見てみましょう。

共同作業型……お料理合コン

料理を趣味にする男女のための婚活パーティーです。クッキングスタジオで料理を一緒につくるという共同体験で親密度を高めます。
最大8人程度(男女4:4)のチーム調理タイムから、1対1のクッキングタイム、作った料理を一緒に味わうお食事タイム、デザートタイムなど、共同作業で高まった一体感そのままに、お互いのことを話し合えるシステムになっています。

共同体験型……ゴルフ合コン

スポーツを一緒にするというシチュエーションもその人の人柄を知るのに有効です。特にゴルフは、共通の趣味として楽しめるなら週末の予定も合わせやすく、一緒にラウンドを回ることで、プレーの上手下手だけではなく、マナーや気遣いなどを知ることができます。
口べたな男性としてはゴルフのプレーでアピールもできるので、堅苦しいパーティーが苦手という人にもおすすめです。

共同体験型……陶芸、園芸、農業など

陶芸、ガーデニングなど趣味となるものを体験しながら婚活ができるパーティーも人気です。パーティーで行われるアクティビティを本格的な趣味にしている人から、「どうせ婚活パーティーに参加するなら何か付加価値を」と言う人向けに、普段なかなか経験できない体験をしてしまおうというのが特徴です。

どのパーティーも、パーティーの前段階のアクティビティに、初対面の男女が打ち解けるための仕掛けがたくさん用意されています。
料理自慢の女性の手際の良さに惹かれたり、普段は敬遠されがちなこだわりの蘊蓄が「料理好き」同士の共通の話題になったり、おいしくできた料理を褒め合ったり……。
開放的な自然の中で大好きなゴルフを楽しんで、その人の人となりを知ることができたり……。

もしも結婚相手が見つからなくても、日常とはひと味違う体験ができる共同体験型婚活パーティーは、イベント感覚で参加しやすいというメリットもあります。
どうせ遊びに行くなら、近々の結婚を考えている人と出会えた方がお得という感覚で参加する人も増えています。

どう考えても話が弾む 共通の趣味を楽しみながら婚活

共通の趣味を一緒に楽しみながら体験できる、共同作業をする一体感から、「結婚相手候補にはならなかったけど、友達になった」という声もあるくらいです。
もちろん、友達ばかりが増えても本末転倒ですが、それだけ親近感、一体感を得られるというのは、従来の婚活パーティーにはなかった特徴でしょう。

「何を話せば?」「どんなアピールをしよう」と焦ってしまって、本当の自分が出せないという悩みも多く聞きます。
共同体験型婚活パーティーなら、そんなことに悩む必要はありません。
「趣味は何ですか?」
婚活パーティーでの質問の定番中の定番ですよね。でも、共同体験型の婚活パーティーでは、こんなとってつけたような会話は必要ありません

参加しているパーティー自体が共通の趣味な訳ですから、より早くもっと具体的な内面的な話に進むのです。また、持ち時間を会話で埋める必要もありません。用意されたアクティビティを体験していけば、会話は次々と展開するので、話が弾まない理由を探すのが難しいくらいなのです。

二人で、またはチームで協力しながら、何かを体験したり、作り上げたりすることで、会話以上の何かが伝わることもあるのです。
第一印象だけに頼らず、初めて会ったのに内面もしっかり把握できる共同体験型婚活パーティーは、出会いから次のステップへ進むための最適な婚活方法と言えます。

“共感”で偶然の出会いが交際に発展

事実、共同体験型婚活パーティーでは、連絡先交換率が高いと評判です。婚活パーティーという観点ではなくても、趣味を満喫したその日は「楽しい一日」ですよね。

共同体験のパートナーであるあなたはその「楽しい一日を一緒に過ごした人」として記憶されます。もちろん好みはあると思いますが、「数分話しただけの婚活パーティーで知り合った人」よりは好感度が高いのは間違いありません。
また、連絡先の交換も「また今度ゴルフに行きませんか?」「練習しません?」など、パーティーの流れで自然に誘える点も大きなメリットです。
「連絡先交換率が高い=次につながる確率が高い」と言うことですから、共同体験型婚活パーティーが婚活に有利なのは間違いないでしょう。

婚活パーティーの新たな流れとして共同体験型婚活パーティーをご紹介しました。共同体験型、イベント型の婚活パーティーは急速に増えています。婚活パーティーを検索できるサイトなどでも、積極的に募集をしているので、今回ご紹介した以外にも、あなたの趣味や興味に合ったイベントがきっとあるはず。
婚活テクニックを身につけるのも重要ですが、「本当の自分」「素の自分」をアピールできる場で婚活をすることも大切です。共同体験型婚活パーティーで楽しみながらお相手探しをしてみてはいかがでしょうか。