独身証明書って何? 結婚相談所登録に必要な書類

独身証明書って何? 結婚相談所登録に必要な書類

「独身証明書」って聞いたことありますか?

本籍のある役所で発行してもらう公的書類なのですが、住民票や戸籍謄本・抄本に比べると必要なタイミングがわからない謎の証明書ですよね。実はこの独身証明書、結婚相談サービスを利用する際に提出を求められるケースが増えているのです。

文字通り自分が独身であることを証明する独身証明書の概要から取得方法までをご紹介しましょう。

独身であることを証明する公的書類

一般に独身証明書と言われる書類には、結婚相談サービスなどに提出するための証明書と外国籍の方と海外の法律に則って結婚する場合に必要な証明書の二種類があります。この記事で説明する独身証明書は正式には「結婚情報サービス・結婚相談業提出用証明書」と言いますがほとんどの場合、独身証明書で通じるはずです。
外国籍の人と結婚するための証明書は、「婚姻要件具備証明書」という書類ですので、まずここを間違えないようにしましょう。

ここから説明する独身証明書はもちろん結婚情報サービス・結婚相談業提出用証明書のことです。

独身証明書は、既婚者の不正登録や詐欺行為を回避するために2000年にできた書類です。婚活の相手が実は既婚者だったなんて悲劇でしかありませんが、こうしたトラブルを回避するために、必要なのが独身証明書というわけです。

もちろん戸籍謄本・抄本でも独身の証明はできます。でも、そのほかの個人情報が多く記載されている戸籍謄本や戸籍抄本を提出するのってちょっと抵抗がある人もいますよね。結婚相談サービスも戸籍謄本・抄本を管理、保管するとなると、企業として情報管理リスクの問題もあり、「独身であることだけを証明する公的書類」として独身証明書が誕生したというわけです。

独身証明書に記載されるのは氏名、生年月日、本籍地と、重婚を禁止する民法第732条の規定に抵触しないことを証明する内容の文言です。自治体によって体裁が違うようですが、この情報があれば、晴れて公的に独身として認められることになります。

独身証明書の請求方法

独身身証明書は、自分の本籍地の市区町村の役所で発行してもらいます。各役所のホームページに申請方法がある場合もありますが、見当たらない場合は、電話などで戸籍担当部署に確認するといいでしょう。
必要になるのは、

・身分証明書(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)
本籍地に現在も住んでいる場合は、直接取りに行けば即日発行してくれる場合もあります。自治体によっては特定のフォーマットの申請書が必要だったり、時間学科合ったりするようなので、事前に確認するようにしましょう。
本籍地以外に住んでいる人は、郵送で受け取ることができます。
郵送の場合に必要になるのは
・申請書
・身分証明書のコピー(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)
・独身証明書の発行手数料(定額小為替) 郵便局で入手。
※手数料(150円~400円)は自治体によって異なります。
・切手を貼った返信用封筒 氏名・現住所を記載

これを送付すれば1週間程度で届くことが多いようですが、郵送を希望する場合もあらかじめ該当する役所に電話で相談しておくとスムーズでしょう。

一手間だけど真剣な婚活の必須アイテム

こうした書類を提出するのって手間だし、めんどくさい。婚活のハードルにもなり得ますよね。でも、この一手間が安心の婚活ライフを送るために必要な手間だと思えば苦にならないはずです。

独身証明書の提出を求める結婚相談サービスは、登録者すべてに同じように提出してもらっています。これから出会うお相手も同じように独身証明書を提出しているわけですから、少なくとも結婚以外の目的を持った既婚者が入り込むことはないということになります。独身証明書提出義務の有無はそのままサービスの信頼性にもつながるわけです。

独身証明書の提出を義務付ける結婚情報サービスは以前は少数派でしたが、いまでは多くのサービスが信用性や利用者の安全、安心を高めるためにうまく活用しています。

大切な時間とお金をかけて行う婚活ですから、サービスに対する安心や信用は絶対に重要視すべき点です。また、こうした「信用できるサービス」に登録している人は、それだけ真剣に結婚を考えているとも言えるでしょう。

「めんどくさい」と取得していなかった独身証明書を取ることは、自分の信用を高めるだけでなく、質の高い結婚相手に巡り会える可能性を広げるチャンスかもしれません。