「35才以上の未婚独身女性が結婚できる可能性が1%?」な本当の理由

「35才以上の未婚独身女性が結婚できる可能性が1%?」な本当の理由

「近い将来、男性の3人に1人は生涯独身になる」「35歳を超えた男が結婚できる確率はわずか3%」「もっと深刻なのは35歳以上の女性!結婚できる確率は2%、いや1%というデータも」

国勢調査などから、35才が結婚のボーダーラインだ!と、まことしやかに語られています。ショッキングなデータですが、35歳を超えても結婚していない人って回りに結構いますよね。その数の多さを考えると、この数字は本当なの?と不思議になります。

婚活中の人にも少なからぬショックを与え、モチベーション低下にもなりかねないこうしたデータは本当なのでしょうか?

35才ボーダーライン説? 1%の衝撃

「35歳超えると女の人はほぼ結婚できないらしいね」

衝撃的なタイトルやデータを目にして、巷ではこんな会話が交わされています。あなたも「35歳以上の女性が結婚できる確率は1%!」なんて記事を目にしたことがあるかもしれません。結婚できる可能性が1%というのはかなり重い数字ですよね。

このデータに触れた人が「もういまからじゃ遅いじゃん」「婚活諦めた方がいいかも」と思うのも無理はないのですが、この「可能性」って一体どんな根拠で語られているのでしょう?

ご存知の通り、結婚までの道のりは100人いれば100通りといっていいほど、そのときの状況、二人の相性や望む条件によって違います。ルックスがいい、高学歴、高収入など、いわゆる“スペックが高い”人でも「結婚できる可能性」となると未知数の部分が大きく、逆にさほど特筆すべきスペックがない人でもすんなりお相手を見つけてしまうこともあるのが婚活の難しいところなのです。

一生の間に結婚できる確率を表すデータではない!

35歳ボーダー説の主な根拠は、国勢調査の結果に基づいたデータです。数字自体は信頼得きるものなのですが、「3%」、「1%」という数字だけが一人歩きした結果、大きな誤解を生んでいるのも事実です。ひとつ目の誤解は、当たり前のことですが、この数字が35歳を超えた人の結婚できる確率を表しているわけではないということです。

こうしたデータの数字は、5年ごとに行われている国勢調査の未婚率を比較して算出しています。2010年の35歳~39歳の未婚と2015年の40~44歳のデータを比較して5年間に結婚できた人の割合を出しているのです。ということは、45歳を超えて結婚した人は追い切れていない未完成なデータとも言えます。

「35歳以上の人が今後一生の間に結婚できる確率」ではなく、「35歳以上の人が5年以内に結婚した確率」というのが「3%」「1%」の数字の正体なのです。

もうひとつ、35歳を超えると生涯未婚率が急上昇するという説もあります。生涯未婚とは、「50歳時点で一度も結婚したことがない人」を指します。50代で結婚した場合はデータに反映されないのです。それに、「その人が結婚したいのか?」という意志の部分は当然反映されません。“あえて”結婚しないのか、したくてもできないのかは、統計だけでは測りきれない部分でしょう。

そんなわけで「35歳超えたらほとんど結婚できないらしいよ」という印象論だけで結婚や婚活を諦めてしまう人がいるとしたら、こうしたデータの伝わり方はマイナスでしかありません。晩婚化が進む社会の流れを考えても、35歳は決して結婚を悲観する年齢ではありません!

婚活を始めるのに遅すぎることはない

日本の結婚平均年齢は年々上昇を続けています。1950年、日本の初婚年齢は男性が25歳、女性が23歳でした。それが50年後の2000年には男性29歳、女性27.2歳に上昇し、06年には男性の初婚年齢が30歳を突破。その後もジリジリと上昇を続け、2015年には男性31.1歳、女性が29.4歳になっています。

初めて結婚する人の年齢が男女とも30歳前後であることを考えると、35歳で結婚を諦めているようでは日本の将来が心配になってしまいます。

日本で一番人口の多い都市・東京では、初婚年齢はさらに高くなります。仕事が充実していてまだ結婚を考えられない人、趣味や遊びに忙しい人など、独身の楽しさや魅力が溢れている都会では、結婚を意識する年齢も遅く、婚活のスタートが遅れることも珍しくありません。

前半で紹介したデータは、いずれも晩婚化の危機をあおるものでしたが、晩婚化の時代だからこそ、35歳からの婚活、充実した人生のために相手を吟味する婚活があってもいいのではないでしょうか。とはいえ、準備が早い方がいいのは間違いありません。具体的な活動を始めるのはまだと思っていても、婚活情報、相手探しを始めておくといいかもしれません。